dNaNo/MINI-Z&スロットカー

京商製ラジコンカーdNaNo愛好会です。dNaNoは1/43の本格的なレーシングカーです。サーキットは京商製のホームサーキットを使用し,ボディは京商製やマイクロエース(アリイ)1/32を使ったり、自作したりしてます。

フロントタイヤとデフ

DSC01161 (640x426)
DSC01162 (640x426)
DSC01163 (640x426)
モズレー氏へ;①貼り付けのリアタイヤはオリジナルより少し大きめです。まず、それでテストください。②サコタ氏のイーグルはオリジナルと同様サイズです。③フロントは このスポンジのほうがいいかもしれません。
上記3通りを組み合わせテストください。
フロントタイヤの重要性に気づくでしょう。ゴムタイヤより安定すると思います。

WMLにて。店長が土岐君の工作に “すご~~く良くって、京都dNaNo倶楽部らしくない”と、言ってたな。それは 3Dプリンターやレーザーカットを使った本気モードだからか!う~ん たしかに。
3Dプリンターは紙を加工するのが出ましたね。紙を積層していくやつ。これが欲しい。だって、昔のスロットカーの時代 紙やバルサでボディ作ってたもんね。

908が最速コーナー(右回りの下り 右カーブ中央付近)でスピンしやすい。相談すると、ギアデフを触って、ひっかかりがあるって。ギアデフね・・・、新品でもスムースなのと、若干のひっかかりがあるのとありますね。これは ゴミが入ってるからだろうの指摘で分解オーバーホール。邪魔くさいパーツだ。これは テスト中。

同じく908.画像のように、車高をできるだけ下げたら、同じコーナーでボディが擦ってるのを発見(店長)。偉いもんだ。たしかに 擦ってる箇所が白くなってる。んで、若干 カットした。まず、これで スムースなコーナリングになった。
わても本気モードになってきた(笑)
スポンサーサイト
  1. 2016/01/30(土) 18:18:14|
  2. ラジコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ