dNaNo/MINI-Z&スロットカー

京商製ラジコンカーdNaNo愛好会です。dNaNoは1/43の本格的なレーシングカーです。サーキットは京商製のホームサーキットを使用し,ボディは京商製やマイクロエース(アリイ)1/32を使ったり、自作したりしてます。

牛さんと馬さん

DSC06865 (640x426)
DSC06868 (640x426)
今日はWMLへバイクランだ。ミニッツの基盤に置き換えたモトだが、てこずってる。走り出すといいのだが、転倒すると、起き上がるタイミングをつかむのが難しい。これはジャイロボリュームがないので、特訓あるのみだ!

にゃかむ~ら47万お勧めの半沢を見た。来週が楽しみだな。ホテルのナンバー2のおばはんが直系の息子を裏切る。同じシチュエーションが30歳の頃にあった。

服飾業の東京店で切り盛りしてたが26歳くらいで、世の中がわかるはずもなく 親父(当時は社長)が本社の部長を送り込んできた。
それが31~32のころにわが部下2名と兄の部下一名を引き連れ退社し、商社をバックに同業種を始めだした。
テレビを見ながら、当時のことを思い出してた。ほんまに 寝耳に水とはこのことで、社員同士の疎通と策略をトップが知らなかった。

ここから、にわかに本社の幹部クラスが退社しだし、同業種の会社が何個か出来た。私とこの会社名をもじって ”○○学校”といわれたものだ。
それは、部長、常務クラスができそうな若手を引き連れていくから、○○会社で教育済みということだ。

おかげで、私が住んでた渋谷ビルを売却することとなった。

しかし、いま 思えば 当時40~50歳の幹部クラスと25~40歳クラスの連中だから、当時からバブル期までは給与もしっかりしてただろうが、今頃はどうしてることと思う。反対に私はこうして生きてるのだから、自分から退社していった彼たちに感謝しなくてはと思うこともある。

昔はくやしかったっが、あのまま 会社を存続させてると、高額給与の社員が増えてるわけで、東南アジアや中国製品の氾濫、ユニクロの台頭などをみるにつけ、バブル終焉とともに 会社は倒産してたと思う。

半沢が終わったあと、所さんの戦車がたくさんが世田谷ベースに出てた。やっぱ~、戦車もいいなぁ~。(日本47万目の無責任男)

スポンサーサイト
  1. 2013/09/02(月) 18:21:37|
  2. ラジコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<秋の訪れ | ホーム | チャリツアーしてました>>

コメント

人間万事塞翁が馬

半沢ドラマとカブリましたか。
31歳頃と言うと今から30年位前か~。
ワテが24位やから、今から想えば日本経済絶頂期の始まりの頃ですなぁ~。
多分色々な業界で、同じような事が起こり、独立して、サクセスストーリを歩み、バブル崩壊と共に奈落に落ちた人は数え切れんでしょうなぁ~。
ワテの元嫁の実家も縫製業やってて景気が良かったですわ。おまけに、宝くじ当って(マイカー賞とかで500万か800万位やったと思いますけど)良いときは、ほんまに何しても良いように転がりますけど、今はもう民度の低い
パクリ国家にやられて廃業してると思います。
もう1度バブルは夢みたらあきませんけど、オリンピックの開催日決定日がもう目の前です。関連株でなんか良いのありませんかねぇ?

でも結局、”強気相場は悲観の中に生まれ懐疑の中で育ち楽観の中で成熟し幸福感の中で消えていく”って事になるんですかね。

真面目にコツコツ、レバレッジは上げずに、何に対しても1/43スケールで生きていくのが
清い老後ライフでしょうか?


  1. 2013/09/03(火) 10:56:17 |
  2. URL |
  3. ニャカムーラ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://norichandosue.blog111.fc2.com/tb.php/1004-d0c511e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)