dNaNo/MINI-Z&スロットカー

京商製ラジコンカーdNaNo愛好会です。dNaNoは1/43の本格的なレーシングカーです。サーキットは京商製のホームサーキットを使用し,ボディは京商製やマイクロエース(アリイ)1/32を使ったり、自作したりしてます。

ビームス

DSC00569 (640x426)
動画の編集と WMLにて なべの親友 土岐君と会った話は 後ほどしょう。
今日の日経新聞 夕刊の記事である。これで 日経から 何かあれば謝罪する。

ビームスの社長の記事である。記事中 幹部クラス29人が退社したとある。寝耳に水・・・。同じ状況を経てきた。
京都本社は安泰であると信じて仕事をしてた。東京暮らしの頃だ。24歳ころから東京で暮らしてた。

1986年ごろかな、まず本社の幹部クラス5~7人ほどが出来る社員を連れて 退社する。彼らは 商社の新しい会社に入るらしい。当時 社長であった 親父の心境は きつかったんだな。うつになってしまい、それが引き金で ぼけてしまう。親父 60歳である。

やべぇ~なぁ。  ま、東京には関係ないかと たかをくくってたら、東京の幹部と幹部候補生がやめると言い出す。私は このとき30歳ごろ。1980年代 バブル前 もしくは始まりである。
東京の渋谷駅南口前(南平台の下の方)の5階建てビルを自社ビルとしてた私。総勢は20人くらいだったろうか。
若い支社長の私が あてにしてた、私の心の師匠 Oが 社員(仲間と言ったほうがいい)を2名連れて行く。これは 将来の幹部候補生だから まいった・・・。

ビームス社長はMr.ながしまのサインで励まされた。

私は 信頼を裏切られ 社員を連れて行かれた怒りと これからの自分の対処に震えてた。なぜなら 親父はぼけて、本社をたたむことにしたからだ。
私が励まされた言葉や姿はない。 あのころ どうやって 立ち直ったか思い出せない。覚えてるのは 怒りと不安で 3日ほど寝られなかったし、飯も食えなかった。そして、その姿を見てた、他の社員も 3年ほどして やめていくことになるのだ。

でも 結局 このように生きてる。 今日は 同じ境遇の方が それも似たような世界(私は生地を作り、セレクト ショップもやってきた)の人物が 書いておられる。
ビームスは 今も覗いてるし、買ってるな。

スポンサーサイト
  1. 2015/08/26(水) 20:36:29|
  2. ラジコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<70's F-1 Rd.8-1 | ホーム | 60's F-1 rd.8-3 with懇親会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://norichandosue.blog111.fc2.com/tb.php/1639-4468031d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)